プリント基板メーカーの特徴を押えよう!

当サイトでは、プリント基板製造を手掛けるメーカーを調べる方法や関西エリアの会社について、国内の基板メーカーの現状、有名企業や売上高などについてご紹介を行っています。
プリント基板の製造においては、自社で行うのではなく、協力会社に委託を行うケースが多くなっています。これは、アウトソースする事で設備に掛かるコストを削減する事が出来るからです。
尚、設備に掛かるコストには、導入費用、保守費用、オペレーションを行うための人件費などがあります。

プリント基板の製造メーカーを調べよう!

プリント基板の製造メーカーを調べよう! プリント基板とは、電子部品を実装するためのボードを意味していますが、基板の製造を行うメーカーを調べる時、生基板の製造までを行っている会社と電子部品の実装までを完了出来る会社の2つがある事が分かります。電子部品を実装する前のプリント基板は生基板と呼びます。
生基板を購入して、自社工場内で電子部品の実装を行う方法、メーカーで電子部品の実装までを完了させて、アッセンブリーされた状態で仕入れを行い、自社工場では基板をシャーシーに取り付けるなどして組み立てのみを行う方法があります。
そのため、プリント基板の製造を行っているメーカーを調べる時には、自社工場のニーズに合う会社であるのか否かを把握しておく必要があります。

プリント基板の製造メーカーの基板設計基準について

プリント基板の製造メーカーの基板設計基準について プリント基板の製造企業は独自の基板設計基準に沿ったパターン配線を実施しますが、一方で回路設計からプリント基板の発注までを行う各メーカーは、プリント基板製造企業とは別に基板設計のノウハウを蓄積し続けているため、やはり独自の設計基準を設けています。
基板発注時にはネットデータやパーツリストのほか、実装検討図等の各種必要データをパターン製造企業に対し提出しますが、これら以外にパターンに関する設計指示書を添えて提出するのが一般的となっており、パターン配線時には設計指示書の内容が最優先となります。
例えばクロック信号ラインは放射ノイズが大きいため、パターン配線時には必ずグランド線によるシールドが必須となっていますが、基板面積により他のパターン配線が厳しいケースでは発注者のプライオリティが重視されることになります。
同様に電源パターンは電流容量に応じてパターンの太さを設定する必要があるものの、配線困難なケースもあるため、製造側の基板設計基準よりは発注側の要望が優先されるのが一般的です。
但し基板設計に関してノウハウが蓄積されていない企業からの発注の場合は、全てのパターン配線が製造側に委ねられることとなり、この場合はプリント基板製造メーカーの設計ノウハウがより重要となります。

プリント基板関連サイト

プリント基板ならおまかせです!最安ネット販売をめざしています。

プリント基板 メーカー